本文へスキップ

イノベーション経営法務行政書士事務所は、化粧品に関する製造業許可・製造販売業許可の取得・管理・運営をサポートいたします!

TEL. 03-5980-8858

〒170-0012 東京都豊島区上池袋2-11-4 Le Ciel

  

イノベーション経営法務行政書士事務所は、化粧品に関する薬事法上の許可の取得・維持・管理運営、及び化粧品に関する表示・広告表現等、許可取得前後における薬事法上の規制対策の専門的サポートを目的としています。

             

ご案内

 主なテーマごとに、薬事法上の化粧品に関する取り扱いと注意点をまとめています。
 ご興味のあるテーマのタイトルをクリックして頂ければ、詳しい説明のページに移動します。
サービス・報酬について
当事務所のサービス内容、ご依頼頂いた場合の報酬についてご紹介します
「化粧品」と許可について
薬事法上、化粧品がどのように位置付けられているのか、概要を掴みます
許可の種類と要件について
薬事法は化粧品に関して複数の許可を定めており、それぞれ要件も異なります
許可取得手続について
許可を取得するための手続、必要書類、費用等について説明します
GQP・GVPについて
許可取得の前後を通じて最も重要なポイントは、GQP・GVPの作成・管理です
許可後必要な手続について
更新や新商品販売のための手続等許可取得後おいても必要な手続があります
許可後発生する義務について
許可を取得することによって様々な義務が発生しますので注意が必要です
化粧品の表示・広告について
最もトラブルが生じやすく分かりにくい、表示・広告について説明します

こんな方へ

 以下のようなケースに該当し、お悩みの方はいらしゃいませんか?
 
まずはお気軽にご相談ください(初回相談は無料です)。
新規で許可を取られる方
・化粧品を新たに取り扱いたいが、何から手を付けていいのか分からない方
・化粧品と薬事法の関係について、話を聞いてみたい方
・薬事法はある程度知識があるが、自分で申請の準備をするお時間がない方
・許可取得後にどのように運用すればいいのか不安なのでサポートして欲しい方
既に許可をお持ちの方
・役員の交代等登録事項に変更が生じたため、必要な手続きを迫られている方
・新しい化粧品を追加的に販売しようと考えている方
・そろそろ更新の時期が近付いているため、更新審査の対策に迫られている方
・自社担当者だけでは引継ぎの発生等負担が大きいため、化粧品管理業務の外部

 委託や自社担当者のサポートをご希望の方
・薬事法を含めた各種法令対策について、社内外での研修を希望される方

ABOUT

  

 少子高齢化に伴いモノが売りにくい時代だと言われる中、化粧品業界は 着実に消費者のニーズをとらえ、かつ男性や高齢者など新しいマーケットを開拓することによって市場規模を着実に拡大させているため、参入することで大きなビジネスチャンスが期待できます。
 ただ一方で、従来の制度品・訪問販売流通から通信販売・業務用流通へのシフト等時代に応じた市場ニーズの変化という社会的影響、また薬事法改正による規制の強化等政策的な影響を受けやすい業界でもあり、常に最新の知識を備え対応する必要がある、運営が難しい業界でもあります

 

 今後も行政及び消費者による化粧品取扱事業者に対する薬事法を中心とした法令遵守姿勢に対するチェックは、ますます厳しくなっていくことが予想されます。当事務所では、化粧品に関する許可の取得・維持管理から、契約書やビジネススキームのチェックまで、幅広くきめ細やかなサポートを通じて、御社の成長実現及び負担軽減のお手伝いをさせて頂きます。



バナースペー

イノベーション経営法務行政書士事務所

〒170-0012
東京都豊島区上池袋2-11-4
Le Ciel

 TEL 03-5980-8858
 FAX 03-6745-1779
    






はてなブックマークに追加

Clip to Evernote